事業主の皆さんへ 「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーン

                ~令和 3年 4月 1日から 7月 31日まで~



 【アルバイトを雇うときの5つのポイント】

  ①アルバイトを雇うとき、書面による労働条件の明示が必要!
  ②学業とアルバイトが両立できるような勤務時間のシフトを適切に設定しましょう!
  ③アルバイトも労働時間を適正に把握する必要があります!
  ④アルバイトに、商品を強制的に購入させることはできません。また一方的にその代金を賃金から控除することもできません。
  ⑤アルバイトの遅刻や欠勤等に対して、あらかじめ損害賠償額等を定めることや労働基準法に違反する減給制裁はできません。


 【ご相談は】
  
   ➤総合労働相談コーナー(若者相談コーナー)
     茨城労働局雇用環境・均等室(℡029-277-8295)又は最寄りの労働基準監督署
     ※月~金(祝祭日・年末年始を除く)午前8時30分~午後5時15分



    詳しいリーフレットはこちらをクリック