床上操作式クレーン運転技能講習



床上操作式クレーン運転とは                         

                         (茨城労働局長登録教習機関登録番号1-8 登録満了日 令和6年3月30日)



天井クレーンや橋形クレーン、ジブクレーンなど生産現場や港湾などで多く使われていますが、クレーンの中で、床上で運転し、かつ当該運転をする者が荷の移動とともに移動する方式のクレーンです。
運転者が玉掛け作業も行うことが容易ですが、床上操作式クレーンは事故も多く起きています。運転者にクレーンの知識や床上操作式クレーンの運転・点検、基礎的な力学に関する知識を学ぶ講習です。

                                   労働安全衛生法第61条、同法施行令第20条第6号



 講習会場  学科:トラック協会   実技:NCセグメント㈱
 受講料  全科目受講者    1名につき   33,000円(税込)

 力学学科免除者   1名につき   30,800円(税込)
テキスト   1,680円(税込) 



カリキュラム

 日程 講習科目  講習時間 
 1日目   床上操作式クレーン運転に関する知識  6時間
 関係法令  1時間
 2日目    クレーン運転に必要な力学に関する知識  3時間
 原動機及び電気に関する知識  3時間
 修了試験  1時間
 3日目
(実技)
 床上操作式クレーン運転
 床上操作式クレーンの運転のための合図
 修了試験
 
 6時間
1時間

※講習科目の順番、講習開始・終了時刻は講習によって変更する事があります。



 講習案内詳細       お申込み用紙  (PDF)        お申込み用紙  (Excel)